ニュース&トピックス

8月1日から年金の資格期間短縮されます

2017年07月28日 18:00:00
photo_01
公明党の推進で昨年11月に成立した無年金者救済法が8月1日から施行され、公的年金を受け取る資格を得るのに必要な加入期間(受給資格期間)が25年から10年に短縮されます。
これにより、現在、無年金状態の高齢者など約64万人が新たに受給資格を取得することになります。
詳しくはこちらをご覧ください。