ニュース&トピックス

軽減税率について

2013年12月09日 23:09:00
公明党が「軽減税率」の導入を目指す理由などについて石井政調会長にインタビューしました。

2015年10月に消費税率を10%に引き上げるのに際して、公明党は「軽減税率」の導入を目指しています。

軽減税率とは食料品など生活必需品の税率を低く抑え、低所得者ほど税負担が重くなる消費税の逆進性を緩和することを目的とするものです。低所得者対策として決定した「簡素な給付措置」(市町村民税非課税世帯1人当たり1万円)もありますが、これは一度限りの措置であり、対象も限定的です。

一方、軽減税率は低所得者だけでなく、消費の多い子育て世帯を含めた中間所得層に幅広く恩恵が及びます。だからこそ、公明党は軽減税率の導入が重要だと考え、一貫して主張をしてきたのです。

※詳細は以下の動画を御覧ください。