ニュース&トピックス

学童保育業務の見直し(委託取り下げを求める陳情への対応)

2010年04月04日 23:15:00
2010年(平成22年)第一回定例会において、「平成22年度中の、2学童保育業務の民間または公営施設への委託に対して、委託取り下げを求める陳情書」の採決が行われ、賛成多数で採択されました。この陳情は「学童保育業務の質の良さを確保するのに、委託化には問題がある」とし、問題が解決するまで委託案の先延ばしを求めるもので、市議会公明党は「反対」の態度を示しました。

【反対した理由】
①学童保育の時間延長を求める声は長年に渡って続いており、市議会公明党としても数年前から一般質問等で取り上げてきた。
②一時保育の要望も多く、特に夏休み期間中の一時保育は、子供の帰宅時間迄のパート勤務の方から多くの要望がある。
③2008年6月には延長保育の早期実施を求める陳情が上がり、翌年3月の定例市議会にて全会一致で採択されている。

【市議会公明党の主張】
◆限られた財源の中、市民の要望にこたえるためには、直営体制を見直し、信頼の置ける委託先を検討してサービスを拡充する必要がある。
※なお、市長に対しては、「外部委託に関する保護者の不安を解消するため、稲葉市長自ら出向いて、保護者の声を聞くべきだ」と訴えました。